- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

BMW 218dグランツアラー

秋田市からお越しのお客様

BMW初のFF車である2シリーズ アクティブツアラーから派生し、BMW初のミニバン、輸入ミニバン初のクリーンディーゼルとまさに初物尽くしの218d グランツアラー、先の2シリーズアクティブツアラーに対し、全長で215mm、全高で55mm拡大、同じくアクティブツアラーより110mm延長した2780mmのホイールベースによって、室内はより広くなり3列目の居住空間の確保と積載性の向上を実現、あわせてロングホイールベース化によって走行安定性も向上させているとのこと。エクステリアに目を向けるとシャークノーズとBMWが名付けた前傾したキドニーグリル、フロントからテールゲート後端にかけ緩やかに弧を描く伸びやかなルーフラインが印象的で、力強く張り出したリアフェンダーによってスポーティさも巧みに演出しています。正にミニバンに個性を求める乗り手にはドンピシャの一台ですね。

こちらのお車は、お世話になっております販売店様から、オーナー様へ納車となる前に入庫いただきました。いつもありがとうございます。施工内容につきましては「リボルト」のボディコーティングコース、オプション施工としてリアガラス7面へのフィルムをインストールいたしました。

「リボルト」のコーティングコースは下地処理工程においては最上級コースの「リボルト・プロ」と同様に、高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】でしっかりと研磨しますが、こちらのお車は初度登録から少し時間が経過しておりますが、塗装の状態が非常に良好であったため、必要最小限度の下地処理でコーティング工程に入ることが出来ました。
コーティング剤もリボルト・プロと比較しますと、コーティングの効果期間、艶、輝き、膜厚、防汚効果は、リボルト・プロには圧倒的なアドバンテージがあり、どうしてもかないませんが、既存の量販ガラスコーティングよりは数段上の効果が期待できます。またトップコートにはリボルト・プロでも使用され、紫外線(UVA・UVB)によるダメージも軽減させる効果をもたらします。コーティング施工後は、ブラックサファイアのお色に、リボルトのガラスコーティング特有の膜厚感と深みが増した艶が加わります。
また、オプション施工のカーフィルムは可視光線透過率7%、紫外線カット率99%のフィルムをリア7面にインストール、リアビューを更に引き締めます。

今後は付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、2層のコーティング被膜でしっかりシールドしておりますので、簡単で、美しく快適なカーライフになると思います。なお、オーナー様とは直接お会いしていないため、お手入れ等でご質問がありましたら、何時でもお問い合わせ下さい。

この度は当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年7月
施工内容:
リボルト車 ガラスコーティングカーフィルム