- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

レクサス GS250

横手市からお越しのお客様

2005年に日本国内としてのレクサスブランド開業、「日本レクサス」の第1弾としてデビューしたGSですが、「トヨタ アリスト」の名称で販売されていた初代、2台目から数えると、こちらのお車は4代目となるモデルです。今となってはすっかりレクサスの顔として定着した逆台形のアッパーグリルに、台形のロアグリルを組み合わせた形状の「スピンドルグリル」ですが、こちらのGSが初採用となり、こちらもまたレクサス初採用となるLEDヘッドランプや、レクサスのアイデンティティであるL字型LEDクリアランスランプ・L字型LEDテール等々、今のレクサスブランドの象徴となる重要なモデルにもなりました。

こちらのオーナー様は冬季にお電話でご予約いただき、雪解けを待たれてからの入庫となりました。「リボルト」のコーティングコース、全面窓ガラス撥水加工、ヘッドライトの黄ばみが気になるとのことで、ヘッドライトコーティングもオーダーいただきました。ありがとうございます。

施工につきましては、初度登録から約6年間に付いた傷やシミ、汚れ等をリセットするため、徹底的な洗浄(洗車)から始まり、当グループが誇る「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の研磨作業へ移行、磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせの中から、そのお車の車種・年式・色、そして一台一台違う塗装コンディションに応じ、今のお車に最良な状態(下地)を作り出します。そして、こうして整った塗装面をしっかりと保護するべく、ベースコーティング剤「リボルト」をたっぷり塗布します。「リボルト・プロ」と比較しますと、コーティングの効果期間や艶、輝き等は「リボルト・プロ」程ではありませんが、既存の量販ガラスコーティングよりは数段上の効果が期待できます。またトップコートにはリボルト・プロでも使用され、紫外線(UVA・UVB)によるダメージも軽減させる効果をもたらします。コーティング施工後は、無機質なガラス被膜特有の膜厚感と深みが増した艶が加わります。また、ヘッドライトコーティングは黄ばんだりくすんだヘッドライトをクリアな状態に復活させ、「リボルト・プロ」でのコーティングを施すメニューです。折角ボディが綺麗になっても、ヘッドライトがくすんでいては、美観が半減します。

入庫時

1562671091.jpg

下地処理中
rev_0043.jpg

施工完了時
1562671110.jpg

お引渡しの際にお車をご覧になったオーナー様からは「本当に綺麗になって、新車の時みたいになりました」と仰って頂きました。私どもスタッフへのお気遣い感謝申し上げます。

今後は、付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なカーライフになると思います。また当店では定期的なメンテナンスや、洗車等でサポートして参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

この度は当店をお選び頂き、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年4月
施工内容:
リボルト車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工