- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

メルセデス・ベンツ A180

秋田市からお越しのお客様

先日、ポーラーホワイトの新型Aクラスをご紹介しましたが、早くも2台目の新型Aクラスがリボルト秋田に入庫いたしました。爆発的ヒットの香りがプンプンいたします。
前回はスタイリングについて触れましたので、今回はそれ以外の部分をご紹介いたします。まずは車室空間ですが、ヘッドクリアランス、レッグルームともにヘッドルームが前席7mm、後席8mm、ショルダールームが前席9mm、後席22mm、肘部分の空間が前席35mm、後席36mmそれぞれ拡大するなど、ゆとりある室内空間に進化。また、ラゲッジスペースについても先代モデルから29L増の370Lに拡大されるとともに、トランク長が115mm、トランク幅が225mm広がることで利便性が高まっているそうです。そして初期導入されたエンジンはダウンサイズされた1332㏄直4ターボで136ps/20.4kgmで1.6L、直4ターボだった旧型に対し、最大トルクは変わらぬまま最高出力を14ps引き上げています。室内は液晶パネルがワイドに広がるインパネが印象的で、「レーダーセーフティパッケージ」装着モデルでは、最上級のSクラスとほぼ同等の充実した安全装備を搭載しております。さらに「ハイ、メルセデス」のCMで注目されている「MBUX」が採用されており、これはAI機能によりクルマと対話する機能。音声認識により目的地設定やエアコン設定などはもちろんのこと、学習機能によりクルマ側がドライバーのライフパターンに応じたさまざまな提案などをしてくれるという機能だそうで、ついに車もスマートフォンの様に対話する時代になりました。いったいどこまで進化するのでしょうか。

こちらのお車は、いつもお世話になっております販売店様から、オーナー様への納車前にご入庫いただきました。ありがとうございます。施工内容につきましては「リボルト・ライト」のボディコーティングコースとなります。

「リボルト・ライト」は、塗装への下地処理(磨き)を上位コースである「リボルト・プロ」や「リボルト」と比較して作業工程を簡略化し、ガラス被膜が定着する最低限の状態を確保しております。コーティングには「リボルト・プロ」と「リボルト」で使用するトップコート(1層)のみのコーティングとなりますが、コーティング被膜は石油系溶剤を含まない環境対応品ですので、酸化劣化することなく長期間コーティング効果を維持可能です。なお、トップコートには紫外線軽減(UVカット)機能がありますので、塗装には大敵である紫外線からもボディを守ります。

仕上がったお車を確認すると、コスモブラックのお色が更に輝きを放ち、CLS似の顔立ちによく映えます。

今後は付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なカーライフになると思います。なお、オーナー様とは直接お会いしていないため、お手入れ等でご質問がありましたら、何時でもお問い合わせ下さい。また当店では定期的なメンテナンスや、洗車等でサポートして参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

この度は当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年1月
施工内容:
リボルト・ライト車 ガラスコーティング