- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

ダイハツ コペン セロ

由利本荘市からお越しのお客様

ダイハツのオープンスポーツ「コペン セロ」ですが、2002年に登場した初代モデルは数多くのユーザー支持を集め約10年にわたって作り続けられたロングセラーモデルでした。現行モデルは2014年登場した2代目。2代目モデルには3種類のデザインがあり、基本形の「ローブ」、SUV風な「エクスプレイ」、そしてこちらの「セロ」は初代のイメージに最も近いレトロ調のディテールを持つお車です。また、セロとは、ある資料によると「丸みのある意匠」と「DRESS-FORMATION」の始まりを表現すべく「Circle」と「Zero」からの造語から来ているとか。この「DRESS-FORMATION」つまり着せ替えは樹脂外板11パーツと前後ランプを、ローブとそっくり交換できるそうで、まさに夢の自動車ですね。

お車のオーナー様は、今年の2月に「リボルト」のコーティングを施工頂きましたトヨタ シエンタのオーナー様からご紹介頂きました。当初は新車納車後すぐに入庫頂いて施工する予定でしたが、当店の作業スケジュールの都合で二週間近くお待ち頂いての施工となってしまいました。申し訳ございません。施工は「リボルト・プロ」のコーティングコースに全面窓ガラス撥水加工、ホイールコーティングのオプションでオーダー頂きました。

こちらのお車は塗装コンディション良好な状態でしたが、「DRESS-FORMATION」により塗装がデリケートな樹脂外板が11パーツもあるため、高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を駆使し、優しく、優しくそしてコーティングの定着を高め、さらに艶をランクアップさせるために丁寧に仕上げます。そして綺麗に整った塗装面には、ガラス濃度100%無溶剤の完全硬化型コーティングのベースコートをたっぷり塗布します。低分子なので緻密な塗装表面にしっかりと入り込みます。これで、艶、輝きに加えて保護力、防汚力をアップさせます。そして最後にベースコートと同様にUV軽減効果を持つトップコートをコーティングして2層式コーティングの完成です。

お引渡しの際にお車をご覧になったオーナー様からは「綺麗になるものですね。雨降りに乗るのがもったいない」とおしゃって頂きました。ありがとうございます。

今後は、付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なカーライフになると思います。また当店では定期的なメンテナンスや、洗車等でサポートして参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

この度は当店をお選び頂き、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年10月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工