- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

BMW X2

秋田市からお越しのお客様

X2は、今年の4月に日本発売されたスポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)とメーカーが呼ぶスタイリッシュなSUVです。もちろん当店へは初の入庫となりますし、実際のお車を拝見するのも初めてです。ご来店された他のお客様もここでX2を見られるとは思っていなかったと喜ばれるほど最新のモデルです。
しかもX2は単なるニユーモデルではなく、BMWとしてはまったく新しいコンセプトを採用した、新しい世界観・価値観を具現化したクルマだそうです。それはこれまでのXシリーズとはやや異なるテイストのスタイリングにそれが表現されていて、BMWのアイコンであるキドニーグリルを伝統の台形デザインの上下を反転させた末広がりのものや、その下の大きなエアインテークを特徴とするフロントエンド、さらにはリアクオーターウインドウの後端がせり上がるBMWの象徴たるホフマイスターキンクを、このクルマではCピラーに採り入れるなどしたのが新しいポイントとなるでしょう。そしてただ新しいだけではなく、CピラーにはBMWのエンブレムが配置されていて、これは、往年の名車2000CSや3.0CSLといったクーペモデルをリスペクトしているかのように見えます。この様な拘りのデザイン、そしてBMWならではの徹底して機敏な走行性能、さらには独自の解釈から編み出したSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)カテゴリーという3本の矢、人気者間違いなしの予感がします。

こちらのお車は、オーナー様が当店の向かい側にあるパソコン専門店にいらっしゃった時に見つけて頂き、コーティングは「リボルト秋田で」と御指名され、お車が納車される前に販売店様からご入庫いただきました。ありがとうございます。施工コースは「リボルト」のコーティング、オプション施工でガラス撥水加工、ホイールコーティングになります。

「リボルト」のコーティングコースは下地処理工程においては最上級コースの「リボルト・プロ」と同様の下地処理を行います。お車は新車ということもあり塗装の状態は良好であったため、最小限の研磨で最高の下地処理ができました。また、こちらのモデルではコントラストカラーとなる「フローズン・グレー」のパーツが装着されており、ボディの塗装とは違う加工がされておりましたので、その状況に合わせて最適なポリッシャー、バフ、コンパウンドをチョイスして施工しております。

その後はこうして整えられた塗装面をしっかり保護するべく、「リボルト」でコーティングしていきます。リボルトプロとの違いはベースコーティング剤のみの違いとなります。コーティング剤もリボルト・プロと比較しますと、コーティングの効果期間、艶、輝き、膜厚、防汚効果は、リボルト・プロほどではありませんが、既存の量販ガラスコーティングよりは数段上の効果が期待できます。またトップコートにはリボルト・プロと同じコーティング剤が使用され、紫外線(UVA・UVB)によるダメージも軽減させる効果をもたらします。そしてコーティング施工後は、無機質なガラス被膜特有の膜厚感と深みが増した艶が加わります。

お車を引取りに来られた販売店の営業員様からは「あまりに綺麗すぎて・・・」とのお言葉を掛けてもらいました。本当にありがとうございます。

今後は、付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なカーライフになると思います。なお、オーナー様とは直接お会いしていないため、お車のお手入れ等でご質問等がございましたら、何時でもお問い合わせ下さい。

この度は当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年8月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工