- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

ホンダ CBR250RR

秋田市からお越しのお客様

全方位どこから見ても格好良いCBR250RRですが、デザインの中で特徴的なのが、前から見たときに目を引かれるツインのLEDヘッドライト。コンパクトでシャープな造形は、レーシーでスパルタンなイメージを彷彿させます。とても250CCとは思えないほどかなり戦闘的なデザインです。また、250CCのホンダ製バイクとしては初となるスロットルの開度をワイヤーではなく電子式でコントロールする「スロットル・バイ・ワイヤー」やエンジン特性を「Comfort」「Sport」「Sport+」の3種類に切り替えられる機構など、二代目CBR250RRへの本気度がひしひしと伝わってきます。

こちらのバイクのオーナー様は当店のホームページをご覧になり、問い合わせフォームにてバイクコーティングを即決いただきました。ありがとうございます。

さて、こちらのバイクですが、今年の4月の登録で慣らし運転終了後にお預かりし、施工させていただきました。新車ですので比較的状態は良好でしたがバイクの場合はどうしても体に接触するタンク等に傷が入りやすいため下地処理を加えることにより、傷の除去や塗装面の調整を図り、鮮やかで美しいヴィクトリーレッドの塗装面へと導きます。また、バイクは非常に細かいパーツが多いため、ポリッシャーと手磨きを使い分けながら、細部に至るまで丁寧に仕上げました。
下地処理の次はコーティングの工程となります。艶感をさらに一段上げるだけでなく、保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。また、塗装部のみならず、未塗装樹脂部やエンジンブロックに至るまで手が入り込む部分全てにコーティングを施し、車体全体の保護を行います。ベースコートは当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度の「リボルト・プロ」のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。艶消し部分に対しても、程よい質感の向上につながります。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。なお、この度さらにリボルト・プロのベースコート(低分子完全硬化型)にも紫外線の軽減効果を付加いたしました。これで、リボルト・プロ施工のベースコート、トップコート共に紫外線軽減効果のあるコーティング剤となり、少しでも紫外線の脅威から守られ、艶のあるボディを長期間維持しやすくなると思います。

今後は付属しているメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なバイクライフになると思います。

この度は当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年5月
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング

下のお写真はタンクのアップとなりますが研磨前後ではだいぶ表情が変わったと思います。バイクの塗装については車と比較した場合は弱い傾向にあるため、車程研磨で傷等を追い込めません。また形状が複雑なためポリッシャーが入らないところが多く手磨きとなります。ですので深い傷等は残ってしまいますが、極力リセットすべく作業いたします。

研磨前

rev_0791.jpg

研磨後
rev_0833.jpg