- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト秋田

MINI COOPER

秋田市からお越しのお客様

MINIは1959年登場のオリジナルスタイル(2ドア)を基本スタイルとしてきました。そこに後席用ドアを与えられたMINI5ドアが追加されてニュースになったのが2014年、今年で4年が経過します。改めて月日が経つのは早いものだと思います。
従来からMINIクロスオーバーというドアを4枚持つモデルは存在しましたが、スタイリングはSUVに近いスタイリングであり、正統進化という点ではMINI5ドアの設定こそ、MINIの歴史上画期的な出来事といえるかもしれません。

こちらのお車は、納車されてから1か月の新車で「リボルト・プロ」、「ホイールコーティング」の施工で受け承りました。お客様は当店のホームページをご覧になり、ご夫婦で直接来店されてご予約いただきました。最初にオシャレなMINIからオシャレな姿のお二人が出てこられ、お店に向かっていらっしゃるので、広告関係かIT関係の営業をされるのかと身構えた程です。本当にお似合いです。

お車を確認したところ、新車ということもあり塗装状態は概ね良好でしたが、若干塗装や樹脂パーツへの水ジミ付着が見受けられたため、適切な下地処理「Revolt adjust system」で程なくリセットいたしました。
リセットされたスッピンボディには、塗装面をしっかり保護するべく、低分子、ガラス濃度100%の完全硬化型次世代ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」でコーティングしていきます。こちらのベースコートは美しい塗装面を完全に保護し、潤いのある艶と高い輝きを与えます。
低分子ゆえに汚れを引き寄せにくい完全硬化するガラス被膜を形成するベースコートは、従来のガラスコーティング剤とは別格の高い耐久性を実現しています。またリボルトのコーティング剤は「無溶剤」で塗装は勿論、人や環境にも無害な安心の高品質コーティング剤です。
その後抜群の防汚性能と抜群の撥水性能と更に紫外線軽減(UVカット)機能を持つトップコートを塗布し、ボディを二層式のコーティング膜でガッチリ保護していきます。こちらのトップコートは抜群の防汚性能により汚れが付着しにくく、付着してしまっても簡単に洗い流すことが出来ます。
ボディコーティング「リボルト・プロ」コースでは、ボディだけでなく樹脂、モール等にも施工いたします。リボルト・プロであれば、素材の良さをそのまま生かし、自然な風合いで更にコントラストを高めることが可能です。また、ボディー同様に撥水効果が高まり汚れの蓄積も軽減されます。

樹脂部分にリボルト・プロのベースコートを半分塗り分けして見ました。左半分はコーティング塗布前、右側は塗布後(その後左半分もしっかり塗布しております)

MINI塗り分け

オシャレなオプションのゴールドジャック・サイドスカットルにもたっぷり塗布しております。
ターンシグナル周りのマット感・艶感をさらに強調させます。

MINIゴールドジャック

こちらのゴールドジャックには塗布しておりませんが、コーディネートが素敵でしたので、思わず写真を撮りました。

MINIダッシュボード

お車をご覧になったオーナー様の第一声を頂きました。「おお!ピッカピカだー」ありがとうございます。
今後は、お渡ししたメンテナンスキットを利用されて正しい洗車をしていただければ、美しく快適なカーライフになると思います。
この度は当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年3月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング

なお、今回はボディーコーティングと一緒にリボルト・プロでホイールコーティング(2セット)もご用命いただきました。
こちらもボディーと同様にカーボンヒーターを照射させることで、しっかりとガラス被膜を硬化(定着)させます。

MINIヒーター1

MINIヒーター2